園長からのメッセージ

ひとりひとりの子どもたちが、家庭と同じように保育園で安心して生活でき、自分の思いをしっかり伝えることができ、ひとりひとりの意欲を育て、やろうとする気持ちを大切にしたいと思っています。そして、子どもたちにはおともだちのことを考えてあげられるやさしい子に育ってほしいと願っています。

「いたわり」「他人の痛みを感じること」「やさしさ」みなにたような言葉である。この三つの言葉はもともと一つの根から出ているのである。根と言っても本能ではない。だから私たちは訓練をして、それを身につけなければならない。

私の好きな心に残る言葉です。

園長 千葉 靜代 >> 略歴